昨今、企業は従業員の雇用形態が著しく変化しています。元々、社員として雇用して時期的に人手不足等の際にパート・アルバイトを起用していました。しかし現在ではパート・アルバイトさらには派遣など社員よりも人数が多く、スペシャリストを派遣のみで対応している企業も多くなりました。その場合以前ではタイムカードがメインで時間計算なども手動で時間もかかっていましたが、現在では勤怠管理システムが進化しています。いろいろな企業が進化した勤怠管理システムを導入しています。出勤、退社時間から残業などの計算まで自動で行います。手間暇考えると効率はかなり上がっていますが、やはり中小企業はまだ導入まではいたらないところもあります。ICチップを社員書に入れ込んだりすることなど、大企業には便利なシステムですが、中小企業の社員証などない企業にも活用できるまた新たな進化に期待します。

勤怠管理システムは入れないと不正が起きる可能性。

個人で会社を持たれている方の中には、勤怠管理のシステムは入れていないという方もいらっしゃいます。確かに、そのシステムを入れてしまうとお金の方の面ではかかってしまうということが挙げられます。ですが、もしもシステムを入れないままにしてしまうと次のようなことが起こってしまう可能性があるんです。それは、不正といった行為です。ただのタイムカードであれば、実質的に本人以外の誰かが打刻したとしてもそのことについては分からないということが挙げられます。そのため、いってしまえば残業時間を水増しして打刻してもなかなか分からないということにもなるんです。ですが、勤怠管理システムを入れさえすれば、一人に一つ与えられるICカード付きのタイムカードになるため、本人以外の方が打刻をするといった状況は難しくなると考えられます。そのため、不正を見逃さないんです。

勤怠管理システムですと打刻を忘れることはないです

今は、紙でのタイムカードが少なくなったとはいえ、それでも個人で立ち上げた会社によっては紙のタイムカードを使用しているという会社も存在します。確かに紙のタイムカードはコストがかからないという点では良いんですが、同時に危うい点も含んでいるんです。たとえば、紙のタイムカードですと仕事が終わって会社を出られる際にタイムカードを押し忘れたり、逆に遅刻ギリギリで会社に出勤してきた場合、慌ててしまっていてタイムカードを押し忘れるといった場合もあります。そうなりますと、事務の係の方が一人一人に勤務状況を聞き直していったり、押し忘れた分のタイムカードの時間を手作業で修正していくといった作業が必要になってきます。そうなると、その事務の係の方はご自分の仕事よりも優先してそれらの仕事を行わなければなりません。そのためそういったことがないよう、勤怠管理システムを入れれば各個人でご自分の勤怠状況を確認することができるため、打刻を忘れるということがないんです。

ネクストタイムカードは同一の管理画面で交通費精算機能も管理できます。あわせて使うことでより便利になります。 勤怠管理システムで未払い残業問題を解決! 紙のタイムカードは購入費・輸送費・保管費等、想像以上の経費を必要とします。ネクストタイムカードは一切必要ありません。 いくら指摘しても打刻漏れや申請漏れは起きるもの。それならばネクストタイムカードで自動化しましょう。